エッジのきいた二重査定の注意点

二重査定制度といった仕組みがあります。これは、再査定制度とも呼ばれているものです。どういった制度かというと、評価後に申事されていないダメージが見つかった際、買取業者が評価額を見直しできるというものです。

買取り業者は、見積りした後に傷が見つかると、予定していた値で転売できなくなります。査定の時、車のコンディションをごまかして申したてし、それが後ほど発見されたケースなどに、この制度が適用され、査定額が変更されてしまいます。

言い換えれば、一度は高い査定額が提出されても、あとで査定額が低く変わってしまうということです。基本的に買取店のロスを防ぐもので、買取店に都合よいに働くようになっているのが、二重査定制度です。。そのため、店側としては、査定に出す度、車の状態を正確に申告する必要があります。

車の状態は知っている範囲で伝える

始めに確実な査定金額を出してもらえるよう、自分がわかる限りのダメージは全てきちんと申告することです。
審査前に事前に申し立てしていれば、それが重度であったとしても、査定側の義務になり、後ほど減額されることはありません。
二重査定制度は、実のところあらかたの業者が採用していて、契約書に小さい文字で書かれていることが多いので、注意しておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です